• お問い合わせ
2021年03月03日 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、車載用32bitマイコン SPC56シリーズの長期供給プログラムの延長を発表

長期供給プログラムを20年間に延長し、2034年までの供給継続を保証

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、車載用32bitマイクロコントローラ(マイコン)SPC56シリーズの長期供給プログラムを延長することを発表しました。同製品は、世界各地域において数多くのパワートレイン、シャーシ、およびボディ・アプリケーションに採用されています。

STの車載用プロセッシング・RF製品事業部 ジェネラル・マネージャであるLuca Rodeschiniは、次のようにコメントしています。「SPC56シリーズは、長年にわたり広く利用されている車載用マイコンであり、優れた性能、堅牢性、および信頼性から、現在もさまざまな開発プロジェクトに採用されています。新たに開発されるアプリケーションや、すでに市場投入済みのアプリケーションを耐用期間にわたって確実にサポートできるよう、SPC56に対するST独自の長期供給保証プログラムを20年間に延長しました。これにより、2014年にリリースされたSPC56シリーズは、少なくとも2034年までの供給継続が保証されます。」

STは、革新的な半導体製品により、自動車の電動化と電子化という現在のトレンドを推進し、経済性、安全性、および信頼性の向上に貢献しています。また、より先進的な新製品を継続的に開発し、最先端の技術を切り拓くと共に、長期製品供給保証を提供することで、顧客独自のニーズに対応します。

SPC56シリーズの長期製品供給保証が延長されることで、採用顧客は既存の製品の耐用期間を延ばすことができるだけでなく、新製品開発に引き続き使用することができます。また、統合された設計と実績あるソフトウェアを新規アプリケーションに簡単に移植できるため、開発リソースとコストの削減が可能です。

技術情報

Power Architecture®を搭載した車載用32bitマイコンSPC56シリーズは、シングルコアおよびマルチコア・オプション、および256KB~4MBの不揮発性メモリにより、拡張性の高い性能を提供します。また、各種外部インタフェースを備え、LINFlex、FlexCAN、FlexRay™などの主要な車載用通信プロトコルをサポートし、10bitおよび12bit分解能A/Dコンバータと複数のDSPIシリアル・ペリフェラル・インタフェースを搭載しています。

SPC56シリーズには、汎用車載用マイコン高性能マイコンが含まれています。汎用車載用マイコンは、ボディおよびゲートウェイ・アプリケーションに最適で、I2C、高速イーサネット、柔軟なA/Dコンバータ・チャネル、ウォッチドッグおよびタイマ(eTPU、eMIOS)など、豊富なコネクティビティ・オプションを備えています。高性能マイコンは、パワートレイン、およびエアバッグ制御などのシャーシ & セーフティ・アプリケーションを対象としており、マルチコア・オプションにより高い性能を実現します。安全性が重視されるアプリケーションには、ASIL-D機能安全をサポートする製品を選択できます。内蔵の安全性機能には、メモリのエラー修正コード(ECC)による保護、フォルト・コレクション & コントロール・ユニット(FCCU)、チップ・フェイルセーフ・モードがあります。

各種評価ボードとSPC5 Studio統合開発環境(IDE)からなるSPC56開発エコシステムは、アプリケーションの開発・導入に役立つ包括的なフレームワークを提供しています。

SPC56シリーズは現在量産中です。価格およびサンプル提供については、STのセールス・オフィスまたは販売代理店までお問い合わせください。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。