search-history

ブックマーク

STについて
  • 基本情報
  • 採用情報
  • 持続可能性
  • イノベーション & テクノロジー
  • 製造
  • 品質 & 信頼性
  • イベント
  • ニュースルーム
  • 購買
  • 投資家情報(IR)
STについて > ニュースルーム > すべてのニュース > STマイクロエレクトロニクスの世界最小MEMSミラー、Intel® RealSense™ LiDAR カメラ L515に採用

STマイクロエレクトロニクスの世界最小MEMSミラー、Intel® RealSense™ LiDAR カメラ L515に採用

  • 毎秒数百万ポイントの深度データを生成し、幅広い産業およびコンピューティング・アプリケーションに対応する高電力効率・高解像度のLiDARカメラ

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、Intel® RealSense™ LiDAR(1) カメラ L515に、STの小型MEMSミラーが採用されたことを発表しました。STのMEMSミラーをベースに開発されたIntel社のLiDARシステムは、ロボット・アームによるピッキング、容積測定、ロジスティクス、3Dスキャニングなどの産業用アプリケーションにおいて、高解像度のスキャニングを実現します。

STの小型MEMSミラーは、L515の小型化(直径61mm x 高さ26mm)に貢献すると共に、視野角全体にわたる連続的なレーザー・スキャニングを実現します。また、L515をカスタムのフォトダイオード・センサと組み合わせることで、シーン全体の3D深度マップをレンダリングすることができます。

STのアナログ・MEMS・センサ製品グループ 社長であるBenedetto Vignaは、次のようにコメントしています。「30fpsのフレーム・レートと70° x 55°の視野角を実現するSTの第2世代MEMSミラーは、3Dスキャニングおよび検出アプリケーションの継続的な発展に貢献します。STは、Intel社に長期にわたりMEMSミラーを供給しています。これは、長年にわたってMEMS技術をけん引してきたSTの経験を生かすことで、技術および供給に関する厳しい顧客ニーズに対応するSTの取り組みを実証するものです。」

L515は、STのMEMSミラーのスキャニング機能を利用して、補間ピクセルなしで高解像度の深度データを提供します。また、視野角制御機能や、50nSの短時間露出によりモーション・ブラーの大幅な低減を実現します。

Intel社のEmerging Growth and Incubationグループ・ジェネラル・マネージャ 兼 コーポレート・バイス・プレジデント 兼 最高インキュベーション責任者(Chief Incubation Officer)であるSagi Ben Moshe氏は、次のようにコメントしています。「Intel® RealSense™ テクノロジーは、ロボティクスや物流、スキャニング、およびコンピュータ・ビジョンで使用される製品やソリューションの開発に貢献しています。STのMEMSミラーを採用したIntel RealSense LiDAR カメラ L515は、卓越した精度を実現する世界最小の高解像度LiDAR深度カメラです。」

インテルRealSense LiDARカメラL515の詳細および入手については、ウェブサイトをご覧ください。

Intel® RealSense™テクノロジーについて
Intel RealSenseテクノロジーは、周囲の環境を知覚し、理解し、相互作用し、学習する能力をデバイスに搭載することで、テクノロジーの未来を変革します。Intel RealSenseは、世界最小の高解像度LiDARカメラから、低消費電力でプラットフォームに依存しないステレオ深度カメラ、さらにはカスタマイズ可能なソフトウェアまで、幅広いビジョン・ベースのソリューションを提供します。Intel RealSenseのエンド・ツー・エンド・ソリューションは、ロボティクスや3Dスキャニング、顔認証、測定、物流などの分野におけるユースケースを強化するために、その範囲を拡大し続けています。

© Intel、インテル、Intel ロゴ、インテルのマークは、米国およびその他の国におけるインテルコーポレーションの商標です。

(1) LiDAR = Light Detection And Ranging(光検出および測距)

言語バージョン

Change language