search-history

ブックマーク

STについて
  • 基本情報
  • 採用情報
  • 持続可能性
  • イノベーション & テクノロジー
  • 製造
  • 品質 & 信頼性
  • イベント
  • ニュースルーム
  • 購買
  • 投資家情報(IR)
STについて > ニュースルーム > すべてのニュース > STマイクロエレクトロニクス、ASIL Dまでの安全性を重視した車載アプリケーション向けにホットスワップ機能と理想ダイオード・コントローラを集積したICを発表

STマイクロエレクトロニクス、ASIL Dまでの安全性を重視した車載アプリケーション向けにホットスワップ機能と理想ダイオード・コントローラを集積したICを発表

article image

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、機能安全性が要求されるアプリケーション向けに、業界初となる車載グレードのホットスワップ機能と理想ダイオード・コントローラを集積した「STPM801」を発表しました。

理想ダイオード・コントローラは、外部MOSFETを駆動し、逆入力保護と出力電圧維持のために従来使われてきたショットキー・ダイオードを置き換えます。MOSFETの電圧降下が少ないため、通常動作中の電力損失をショットキー・ダイオードの順方向電圧よりも低く抑えられます。電源故障や停電、入力短絡などの障害時に逆電圧が発生した場合、MOSFETをオフにすることで、付随する逆方向の過渡電流を阻止できます。

理想ダイオード・コントローラは電源のOR-ingも提供し、メイン・バッテリとバックアップ・バッテリを切り替えることで、自動走行や高度運転支援システム(ADAS)などの安全重視の機器に中断なく電源を供給することができます。

集積されたホットスワップ・コントローラが2つ目の外部NチャネルMOSFETを駆動することで、ホットスワップ動作中の負荷を保護します。ソフトスタート機能は、ゲートに接続された既知の値のコンデンサを定電流で充電することで、この2番目のMOSFETのターンオン時の過渡電圧を制御し、大きな突入電流を防止します。設定したしきい値を入力電圧が超えた場合は常に、過電圧ピンおよび低電圧ピンにより出力電圧が遮断されます。

STPM801は保護機能および監視機能も備えており、ISO 26262に準拠した自動車安全性レベル(ASIL)Dまでのシステム向けの機能安全性要件を満たすアプリケーションに最適です。これらの機能はVFQFN-32パッケージ(5 x 5mm)に入っているため、基板面積の小型化と外付け部品の削減を実現します。

電源電圧4V~65Vで動作し、暗電流が25µAと低いSTPM801は、自動車の電気的障害に耐え、車両電源オフ時のバッテリ消費量を最小限に抑えます。同製品は、ゾーン / ボディECU、ADAS ECU、高性能コンピューティングECU、インフォテインメントECU、冗長電源供給システム、およびデュアル・バッテリ・システムで使用されています。

STPM801は現在量産中で、単価は1000個購入時に約3.00ドルです。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。

言語バージョン

ダウンロード

Change language ダウンロード