• お問い合わせ
2022年05月23日 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、マルチギガビット帯のシリアル・インタフェースで高い信号品質を実現する広帯域コモンモード・フィルタを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、10.7GHzのきわめて広い差動帯域幅を備えたコモンモード・フィルタ「ECMF2-40A100N10」および「ECMF4-40A100N10」を発表しました。両製品は、隣接する無線回路のアンテナ感度を最新のシリアル・デジタル・インタフェースから保護します。

ECMF2-40A100N10(2チャネル)およびECMF4-40A100N10(4チャネル)は、USB 3.2 Gen 2、USB4、HDMI 2.1、DisplayPortなどの高速インタフェース規格と互換性があります。直列抵抗がわずか3Ωと低いため、アイパターンの歪みを最小限に抑え、高い信号品質を維持することができます。2.4GHz~7GHzの範囲で優れたコモンモード減衰特性(Scc21)を備え、5GHzで-21dBを実現します。また、Wi-Fi®およびBluetooth®レシーバとの干渉を効果的に防止することができます。

両製品ともに、アンテナ感度の劣化を防止するだけでなく、一般的なインタフェースのノイズ低減に使用できるため、電磁両立性(EMC)規格への準拠にも貢献します。また、IEC 61000-4-2 level 4の規格値を上回る最大±9kV(接触放電)および±20kV(空中放電)のESD保護機能を備えています。

ECMF2-40A100N10およびECMF4-40A100N10は、厚さわずか0.5mmの小型マイクロ・クワッド・フラット・ノーリード(µQFN)パッケージで提供され、コンスーマ機器や要件の厳しい産業機器に使用可能です。ファクトリ・オートメーション機器、イメージング・システム、医療機器、実験用装置、スマート・ホーム機器、セットトップ・ボックス、スマート・テレビ、ゲーム機、ノートPC、タブレット、ドッキング・ステーションなど、幅広い機器の保護に最適です。

また、評価ボードは、SMAコネクタまたはUSB® Type-Cコネクタを選択して利用できるため、簡単にテスト機器を接続してフィルタ性能を評価できます。

ECMF2-40A100N6は、6ピンのµQFN-6Lパッケージ(1.35 x 1.4mm)で提供されます。ECMF4-40A100N10は、10ピンのµQFN-10Lパッケージ(1.35 x 2.2mm)で提供されます。両製品ともに現在量産中で、ECMF2-40A100N10の単価は1000個購入時に約0.19ドル、ECMF4-40A100N10の単価は1000個購入時に約0.26ドルです。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。