search-history

ブックマーク

STについて
  • 基本情報
  • 採用情報
  • 持続可能性
  • イノベーション & テクノロジー
  • 製造
  • 品質 & 信頼性
  • イベント
  • ニュースルーム
  • 購買
  • 投資家情報(IR)
STについて > ニュースルーム > すべてのニュース > STマイクロエレクトロニクス、モバイル機器のバッテリ駆動時間延長および有機ELディスプレイの視認性向上に貢献するパワー・マネージメントICを発表

言語バージョン

STマイクロエレクトロニクス、モバイル機器のバッテリ駆動時間延長および有機ELディスプレイの視認性向上に貢献するパワー・マネージメントICを発表

article image

 

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、アクティブ・マトリクス式の有機EL(AMOLED)ディスプレイ向けに高集積パワー・マネージメントIC(PMIC)「STMP30」 を発表しました。同製品は、低暗電流と優れた柔軟性を備え、モバイル機器のバッテリ駆動時間延長に貢献します。

2.9V~4.8Vの入力電圧範囲を備えた「STMP30」は、3つのDC-DCコンバータを内蔵し、スマートフォンやモバイル機器のAMOLEDディスプレイに必要なあらゆる電源を提供します。VOUT1が4.6Vに固定された他の製品と異なり、STMP30のVOUT1ブースト・コンバータ(550mA)は出力電圧を調整可能です。4.6V~5.0Vの範囲で100mV毎に電圧を設定できるため、最小限の消費電力で画面の輝度を最適化し、あらゆる環境で最良の視認性を実現します。最大5.0Vまで設定可能なため、明るい屋外においても高輝度モード(HBM)で最適な視覚体験が得られます。

残り2つの出力は、-0.8V~-6.6Vの範囲で調整可能な単相バックブースト反転コンバータ(550mA)、および5.5V~7.9Vの範囲で調整可能なブースト・コンバータ(150mA)で提供されます。出力電圧は、シングル・ワイヤ(S-Wire)のプロトコルを使用して外部ピンから設定します。また、S-Wireのメッセージを受信してAMOLEDを常時オン(AOD)モードで動作させ、超低消費電力でディスプレイに情報を常時表示させることができるため、ユーザの利便性向上にも貢献します。

STMP30は、完全なシャットダウン・モードを備えているため、高い省電力機能を実現するとともに、セーフティ機能として過熱保護、入力減電圧ロックアウト、突入電流を制限するソフトスタート機能などを搭載しています。また、高電圧出力向けに高速放電回路が内蔵されており、短絡保護も備えています。

AMOLEDディスプレイ向けPMIC「STMP30」は現在量産中です。価格およびサンプル提供については、STのセールス・オフィスまたは販売代理店までお問い合わせください。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。

言語バージョン

Change language