• お問い合わせ
2020年03月19日 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、 5V VBUS駆動のスタンドアロン型USB Type-C®シンクポート・コントローラを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、5Vの受電側(シンク側)アプリケーション向けに設計・認証されたSTUSB4500Lを、USB Type-C®コントローラICファミリに追加しました。同製品は、USB Type-Cをシンク・アプリケーションに実装する上で必要な機能をすべて集積しているため、USB Type-Cの設計を迅速化および簡略化させます。

USB Type-Cは、リバーシブルなコネクタと、1万回の挿抜に耐える優れた堅牢性により、電源用およびデータ用のコネクタとして、USB Micro-BやUSB Mini-Bに替わり急速に普及しています。

STUSB4500Lは、スタンドアロンかつプラグ・アンド・プレイ型のコントローラICで、Bluetooth®スピーカ、コンピュータ周辺機器、Wi-Fiアクセス・ポイント、POS端末、LED照明、およびUSBドングルといった低電圧駆動機器を対象とした製品です。さらに、シングルボード・コンピュータやハードウェア開発キットなどにも使用できます。同製品は、ソフトウェアの実装やマイクロコントローラによる外部からのサポートを必要とせず、USB Type-Cコネクタ規格への準拠も容易なため、設計工数の削減に貢献します。

STUSB4500Lは、接続されたソースからVBUSを介して電源電圧が自動供給されるため、搭載機器のバッテリやオンボード電源からの給電が不要です。さらに、入力過電圧保護機能を備えているため、5V駆動の機器を誤って20V電源に接続した場合でも、機器の故障を防ぐことができます。

STUSB4500Lは、デッド・バッテリ・モードをサポートしているため、バッテリが完全放電していても、ソースとの接続が可能です。さらに、5V電源がVBUSに入力されるまでVBUSスイッチをオープンにしておくコールド・ソケットの実装が可能で、ソース側の電力供給能力の検出機能、および異常時に安全に再起動するエラー・リカバリ機能などを備えています。

STUSB4500Lは現在量産中で、QFN-24パッケージ(4 x 4mm)またはチップ・スケール・パッケージのCSP-25(2.6 x 2.6mm)で提供されます。1000個購入時の単価は、QFN-24が約0.70ドル、CSP-25が約0.75ドルです。

小型(実装面積2.5cm2)のリファレンス設計ボードであるEVAL-SCS002V1は、STまたは販売代理店から入手可能です。また、包括的な基板設計ライブラリもSTのウェブサイトから無償でダウンロードできるため、アプリケーションの設計にすぐに導入することができます。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。