• お問い合わせ
2020年03月12日 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、スマートな組込み機器向けに低消費電力・低コストのSTM32L4+マイコンを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、32bitマイクロコントローラ(マイコン)のSTM32L4+シリーズに、STM32L4P5およびSTM32L4Q5の2製品を追加しました。これらの製品は、Arm® Cortex®-M4を搭載し、電力・ガス・水道メータ、産業用・医療用センサ、フィットネス・トラッカー、スマート・ホーム製品など、コストと消費電力が重視されるネットワーク接続型機器に最適です。

STM32L4P5およびSTM32L4Q5は、最小512KBのFlashメモリと320KBのSRAMを搭載し、低コストかつ優れた性能を実現します。64ピン・パッケージ(10 x 10mm)および48ピン・パッケージ(7 x 7mm)といった小ピンパッケージも用意されており、ウェアラブル機器のような小型機器にも使用できます。

USBやアナログ・ペリフェラル用の独立した電源系統に加え、独立したクロック・ドメインと、外部メモリ拡張用のOctal SPIおよびQuad SPIインタフェースを備えているため、柔軟性に優れています。また、スマートなA/Dコンバータ(最大5Msps)により、データ取得時間を最小化するフル・スピードでの動作や、消費電流を削減する減速動作が可能です。

STM32L4P5およびSTM32L4Q5には、STの超低消費電力マイコンの技術が活用されており、7種類の低消費電力モードがあります。これにより、消費電力やウェイクアップ時間を柔軟に管理して、消費電力を最小限に抑えることができます。また、高電力効率の演算処理を実現するFlexPowerControl、およびCPUの停止時でも電力効率の高いデータ取込みができるBatch Acquisition Modeに対応しています。

EEMBC® のベンチマークテストでは、409 CoreMark® および285 ULPMark™-CP(1)スコアを記録しており、高性能と高電力効率を兼ね備えていることを示しています。

また、Flashメモリのエラー訂正符号(ECC)やSRAMのパリティ・チェック機能など、産業・医療アプリケーション向けにシステムの信頼性と安全性を保つ機能も搭載されています。

真乱数発生器や内部メモリに書き込まれたコードへのアクセス制限によるIP保護などのサイバー保護機能も備えています。さらに、STM32L4Q5には、AES / RSA / DH / ECCに対応した暗号化アクセラレータが搭載されています。

STは、STM32L4P5が搭載されたNucleo-144ボード(NUCLEO-L4P5ZG)と Discovery kit (STM32L4P5G-DK)をSTM32開発エコシステムに追加しました。STM32L4P5およびSTM32L4Q5は、実績あるSTM32Cube開発エコシステムを活用でき、STM32CubeL4ソフトウェア・パッケージと、初期化コード自動生成ツールであるSTM32CubeMXに対応しています。STM32CubeL4には、ハードウェア抽象化レイヤ(HAL)およびロー・レイヤ(LL)ペリフェラル・ドライバ、ミドルウェア・コンポーネント、サンプル・プロジェクトなどが含まれています。また、STM32CubeMX には、超低消費電力設計用の利便性に優れた消費電力計算ツールが含まれています。

STM32L4P5CEU6(QFN48パッケージ、Flashメモリ:512KB)の参考サンプル価格は約3.90ドルです。現在量産中で、サンプル品はすぐに入手可能です。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。

(1)CoreMarkおよびULPMark-CPEEMBCEmbedded Microprocessor Benchmark Consortium)が作成した標準テストで、CoreMarkはプロセッサの性能を、ULPMark-CPはアクティブ / スリープのデューティ・サイクルを対象としています。

STM32は、STMicroelectronics International NVもしくはEUおよび / またはその他の地域における関連会社の登録商標および / または未登録商標です。STM32は米国特許商標庁に登録されています。