• お問い合わせ
2021年09月06日 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、M2Mアプリケーション向けGSMA認定済みeSIM「ST4SIMファミリ」をマス・マーケット向けに提供開始

  • GSMA準拠の産業用・車載用SIM / eSIM ICを販売代理店より提供開始
  • IoT機器からセルラー網への接続に必要なあらゆるサービスを提供
  • 業界標準のフォーム・ファクタおよびチップスケール・パッケージ・オプション

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、マシン・ツー・マシン(M2M)アプリケーション向けのeSIM(組込みSIM)IC「ST4SIM」を、販売代理店を介してオンラインでマス・マーケット向けに提供することを発表しました。

STの産業用eSIMは、IoT機器をセルラー網に接続するために必要なあらゆるサービスを提供します。産業機器の状態モニタリングや予知保全 アプリケーション、アセット管理、エネルギー・マネージメント、ネットワーク接続型ヘルスケア機器などに最適です。

また、GSMA仕様に従ってSIMプロファイルをリモート管理できるため、機器に直接アクセスせずに通信プロバイダを変更することができます。

STのセキュア・マイクロコントローラ事業部マーケティング・ディレクターであるLaurent Degauqueは、次のようにコメントしています。「豊富な機能を内蔵し、世界クラスのプロビジョニング・サービスへのアクセスを提供するST4SIMファミリは、さまざまなM2Mアプリケーションに対応する利便性の高いソリューションを実現します。マス・マーケットへの提供が開始されたことで、より幅広い開発者がM2Mの開発や概念実証、試作プロジェクトを実施できるようになり、これまで以上に多くのアプリケーションでセキュアかつ柔軟なセルラー接続の利用を促進します。」

STの顧客は、STの認定パートナー企業であるTruphone社が提供および運用するデバイス・オンボーディング・プラットフォームやサービス・プロビジョニング・プラットフォームを利用して、M2M向け製品の展開とeSIMのアクティベーションを実施できます。

また、ST4SIMを搭載した開発キット「B-L462E-CELL1」も提供されており、包括的な開発エコシステム内にあらかじめ統合されたすべての製品機能をテストし、評価することができます。

ST4SIMは、GSMA認定を取得済みで、ヨーロッパと東南アジアにあるSTのGSMA SAS-UP(1)認定工場で製造されています。

ST4SIMは、業界標準のDFN8ウェッタブル・フランク・パッケージ(5 x 6mm、MFF2)で提供されます。ST4SI2M0020TPIFWは現在、STのeStoreから入手可能です。超小型ウェハレベル・チップ・スケール・パッケージ(WLCSP)を含むその他のパッケージ・オプションも提供されています。

1) Security Accreditation Scheme Universal Integrated Circuit Card Production