• お問い合わせ
2022年05月17日 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、低消費電力アプリケーション向けに低ノイズ・低電圧のLDOレギュレータを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、優れた安定性と長いバッテリ駆動時間が求められるアプリケーション向けに、最大200mAの電流供給能力を備えた低ドロップアウト(LDO)レギュレータ「LD56020」を発表しました。同製品は、1.1V~5.5Vの電源電圧で動作し、低出力ノイズを特徴とします。

LD56020は、低コスト、きわめて低いドロップアウト電圧(全負荷時に最大190mV)、および低静止電流(軽負荷時に最大25µA)を特徴とし、モバイル機器やビジョン・センサ、ワイヤレス・モジュールなどに最適です。外部イネーブル・ピンを介し、コントロール・ロジックでレギュレータをスタンバイ・モードにすることで、消費電流を0.1µA未満に低減可能です。

また、90dBの電源電圧除去(1kHz、20mA時)、わずか8.8µVRMS(10Hz~100kHz)の出力ノイズを備え、低電圧デジタル回路にクリーンな電源を供給します。入出力端子には、小型セラミック・コンデンサを1個ずつ使用し、回路を安定化させています。部品点数の削減に加え、0.65 x 0.65mmの小型チップ・スケール・パッケージ(CSP)で提供されるため、基板面積への影響が少ない小型実装を実現しています。

LD56020には、短絡電流フォールドバックと減電圧ロックアウト(UVLO)などの保護機能が搭載されており、システム・エラー発生時の過剰な消費電流を防止します。また、過熱保護機能と内部放電パスも備えています。

LD56020は現在量産中で、CSP-4チップ・スケール・パッケージで提供されます。単価は、1000個購入時に約0.14ドルです。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。