• お問い合わせ
2021年04月26日 | Geneva

STマイクロエレクトロニクス、 高性能車載アプリケーション向けの次世代MEMS加速度センサを発表

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、3軸リニアMEMS加速度センサ「AIS2IH」を発表しました。同製品は、セーフティ用途以外の車載アプリケーション(盗難防止、テレマティクス、インフォテインメント、傾き / 勾配測定、車載ナビゲーション・システムなど)において高分解能、優れた対温度安定性、および機械的堅牢性を実現します。また、車載、医療、産業分野において、高い性能が求められる先進的なアプリケーションにも対応します。

業界を牽引するSTのMEMS技術および車載技術が活用されたAIS2IHは、優れた信頼性を備え、-40ºC~+115ºCの広い動作温度範囲で高性能のモーション検知を行うことができます。また、小型LGA-12パッケージで提供され、低コストかつ超低消費電力を実現しています。

1つの高性能モード(HPM)と4つの低消費電力モード(LPM)を備え、オンザフライでのモード切り替えに対応しているため、アプリケーションの厳しい要件に応じて、分解能と消費電力を柔軟に最適化することができます。

また、幅広い動作温度範囲と高性能・高コスト効率を実現しているため、デジタル・ドライブ・レコーダや、運転手モニタリング、サスペンションにおける垂直レベル検知、自動ドアなどの先進的な車載アプリケーションに対応します。さらに、超低消費電力、小型、高分解能に加えて高い信頼性も要求される5Gスマート・アンテナや、ペースメーカーなどの高感度医療アプリケーションをはじめ、インダストリアルIoT(IIoT)アプリケーションにも最適です。

AIS2IHの最大測定範囲は、±2g / ±4g / ±8g / ±16gから選択可能で、1.6Hz~1.6kHzで設定可能な出力データ・レート(ODR)で加速度を測定できます。また、設定可能なデジタル・ローパス・フィルタおよびデジタル・ハイパス・フィルタが内蔵されており、高性能モード(HPM)動作時の標準的なノイズ密度は90µg/√Hzです。1.6Hz、3Vにおける動作電流は、HPM時に110µA、低消費電力モード(LPM)時に0.67µAです。内蔵された32レベルFIFOと、モーション検知およびアクティビティ検知機能により、システム・レベルの消費電力を抑えて厳しい要件にも対応します。

AEC-Q100に準拠するAIS2IHは、ウェッタブル・フランクLGAパッケージ(2mm x 2mm)で提供され、現在サンプル出荷中です。単価は、1000個購入時に約1.50ドルです。

詳細については、ウェブサイトをご覧ください。