Let us help you!

Support & Feedback
  • お問い合わせ
2020年07月16日 | Geneva, Switzerland

STマイクロエレクトロニクス、STM32マイコンの無線通信機能のさらなる強化に向けた買収を発表

STの無線通信ソリューションを狭帯域セルラー通信と超広帯域技術で拡充

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)>は、超広帯域無線通信技術を専門とするBeSpoon社の全株式の取得ならびにRiot Micro社のセルラーIoT接続資産の買収に関する2件のM&A契約に署名したことを本日発表しました。規制当局による通常の承認を取得してこの2件の買収が完了した後、STのSTM32マイクロコントローラ(マイコン)およびセキュア・マイコン向けの無線通信技術および製品ロードマップがさらに強化されることになります。

BeSpoon 社は、2010年に設立された半導体のファブレス企業です。ル・ブルジェ・デュ・ラック(フランス)に本社を置き、超広帯域(UWB)通信技術を専門としています。同社の技術は、屋内の悪条件下で、セキュアかつリアルタイムの位置検出をセンチメートル単位の精度で実現します。このセキュアな測位を可能にする重要な技術がSTM32マイコンの製品ポートフォリオに含まれることで、IoT / 車載 / モバイル通信アプリケーションの開発者は、セキュア・アクセスや屋内外での高精度マッピングといったサービスの提供が可能になります。STは、BeSpoon社の過半数株主であるTRUMPF社、およびBeSpoon社の創業者より同社の株式を取得します。この株式の取得と並行して、STとTRUMPF社は、超広帯域トラッキング技術に関する戦略的パートナーシップを締結する予定です。

バンクーバー(カナダ)に本社を置くRiot Micro社は、Bluetooth® Low Energy(Bluetooth LE)、Wi-Fi、LTE Cat-M、NB-IoTにおける実績ある設計技術を活かし、システム・コストと消費電力に優れたセルラーIoTソリューションを開発しています。 STM32マイコンの製品ポートフォリオにセルラー通信技術が含まれることで、アセット・トラッキングやスマート・メータ、車両管理サービスなどのアプリケーション開発に向けたソリューションが強化されます。

なお、今回の買収の条件は公表されていません。

STのマイクロコントローラ & デジタル製品グループ 社長であるClaude Dardanneは、次のようにコメントしています。「STは、お客様がさまざまなビジネス機会や課題に取り組む上で必要になる製品・ソリューションを提供しています。セルラーIoTおよびUWB技術は、次世代のIoT機器や革新的なアプリケーションを実現する重要な無線通信ソリューションです。今回の買収は、世界初のLoRa®対応システム・オン・チップに加え、Bluetooth 5.0、IEEE 802.15.4通信プロトコルに対応するSTの既存のワイヤレス・マイコンを補完するものです。1000品種以上の製品で構成され、60億個以上出荷されているSTM32ファミリに、これらのワイヤレス・マイコンは含まれています。今回の買収により、STはあらゆるIoT向けの無線通信プロトコルに対応できるようになるでしょう。」

将来予測に関する記述について注意事項
米国1995年私的証券訴訟改革法に基づく免責条項
上記のうち歴史的事実でないものは、将来予測に関する記述(当社の今後の業績及び財務状態、将来の事業のための事業戦略、計画及び目標に関する記述を含みます)で、リスク及び不確実性を含むものであり、そのため現実の結果が将来見通しに関する記述の内容と大幅に異なる場合があります。これらの記述は予測に過ぎず、将来の出来事に関する当社の現時点での考えや見込みを反映したものです。また、仮説に基づくものであり、リスク及び不確実性の影響を受けるほか、随時変更されることもあります。潜在的なリスク及び不確実性には、以下の要因が含まれます(但し、これらに限定されません)。

  • 買収を完了できない可能性(何らかの前提条件の結果、完了できない場合を含みます。)
  • 買収によって見込んでいた利益を実現できないリスク
  • 買収後の従業員の雇用維持の難しさ
  • 設備の拡張、IP及びノウハウの移転の難しさ
  • 当社事業経営に対する当社経営陣の意向が変化すること
  • 当社の業界及び事業に関する競争並びにその他のリスク要因の影響(詳細は米国証券取引委員会に当社が提出する書類に随時記載されます。)

 

*2020年7月16日にスイスで発表されたプレスリリースの抄訳です。